NEWS

キッズランドクリニック

 

お休み、その他診療の変更について

半田市の健診業務、学会などにより、下記のとおり診療を変更させていただきます。
ごめいわくをおかけしますが、ご理解いただけますようなにとぞよろしくお願いもうし上げます。


1.お休み
現在、お休みのお知らせはございません。

 

医師募集

施設長、非常勤)

医師募集要項はこちら



 

スタッフ募集

スタッフ募集要項はこちら



 

感染情報

2020年5月号

4月末現在新型コロナウイルスの影響により、学校等が長期閉鎖となり感染の機会が減少したため、また皆さまの予防意識が高まったためか、病気のお子さまは大変少なくなっております。

 

1.溶連菌ようれんきん感染症
割合としては多いようです。小学生くらいまでのお子さまに多く、かぜのほとんどはウイルスが原因ですがこの病気は溶連菌という細菌が原因です。おもにせきによりうつり2~5日で発病し、のどの痛み、発熱がみられ、次に下腹やももなどに赤く細かい模様が出たり、舌にイチゴのようなつぶつぶができることもあります。腎臓、心臓の病気やとびひになったり、またずっと感染しているお子さま(保因者ほいんしゃといいます)も25%ほどいます。しっかり診断し抗生剤を飲まなければなりません。検尿もします(当院は飲み終わった日の翌朝とその約1週間後です!)。また何度もかかることがあります。のどに独特の赤みが出て診断の決め手になることがあり、その赤みが消えてしまうので受診前に抗生剤を飲ませないで下さい。

 

2.感染性胃腸炎
いわゆる胃腸かぜです。細菌ではなくロタウイルスなどが原因で、口から感染し症状ははく・げり・お熱・腹痛などです。ふつう血便はみられず、1週間程度で軽快します。なるべく水分をとらせ乳児では母乳は続け、授乳を短時間にして回数を増やします。何回もはいたりげりをする場合は脱水に注意が必要です(ご家庭での対応を書いた説明文をお渡ししております)。げりが続くと乳糖の消化不良が起こりやすいので、その場合は牛乳や乳製品はさけて下さい。場合によっては粉ミルクを乳糖除去ミルク(ノンラクトなど)にかえることも必要です。人参スープはげりをおさえる効果があります(簡単なレシピをお渡ししております)。他の食事は基本的にふだんと同じで良いです。予防として手洗い、調理器具の十分な洗浄を行うようにしましょう。

 

その他診療情報

母の日イベントを行いました!
母の日イベントを行いました!

 
新型コロナウイルス流行期におけるお子さまの受診に対する当院の考え方
(2020/05/08)
様々な報道がなされ、お子さまを医療機関に受診させることをためらわれる方も多いと思います。そこで当院の考え方を紹介させていただきます。

「感染予防のため予防接種は遅らせた方が良いですか?」というご質問をいただくことがあります。今の社会情勢では、喘息などの慢性疾患で経過良好な場合、数日~数週間の受診延期や電話診療等を推奨しております。

しかし収束の目処が立っていない中受診延期を続けることで、乳幼児健診における「年齢ごとの起こりやすい病気を早期発見し治療に結びつける」、予防接種における「生命の危機や後遺症をきたしうる重症感染症の予防」といった目的を、果たせないことが非常に心配されます。

2020年4月現在、日本小児科学会も「いつも以上の配慮を行った上で、保護者と実施者が協力して可能な限り予定通りに接種すべき(一部要約)」としています。

また小児は症状を正確に伝えられないため病気も受診がすすめられます。

当院は受付のビニールシート設置、各所消毒換気、待合の人数制限やソファの間隔を空けるなど、感染対策に十分配慮しております。また月・水・金の14時半~15時半は予約制での乳幼児健診/予防接種枠も設けております。

大切なお子さまの健康のために、
ぜひ〝必要な〟受診をお願いいたします。

医療法人KLC キッズランドクリニック
院長 新美直希


 
新型コロナウイルスについて
(2020/05/08)
新型コロナウイルスについて 肺炎の発生頻度が季節性インフルエンザにかかった場合より高いこと、また感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ急速な増加が確認されていることから、4月16日新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が全都道府県に拡大されました。
自分が感染しないまた大切な人に感染させないためにも感染の知識を深め、不要不急の外出 3つの密(密閉、密集、密接)を避けることの必要性を理解しましょう。

空気(飛沫核)感染を知る
飛沫(ウイルス本体+水蒸気)が飛んでいる間に水が蒸発し、空気中を飛沫核(ウイルス本体)だけが漂います。しかし、新型コロナウイルスの飛沫核には感染力がないため空気(飛沫核)感染はしないとされています。

飛沫感染を知る
飛沫(ウイルス本体+水蒸気)は水蒸気が重く落下するのですが、会話レベルで2m程は飛びます。そのため会話をするときには2m以上の距離をあける必要があります。

エアロゾル感染を知る
大量の飛沫(ウイルス本体+水蒸気)が発生した時に出現する飛沫(ウイルス本体+水蒸気)と飛沫核(ウイルス本体)の中間で感染力があります。咳やくしゃみ、喉の診察やインフルエンザの検査時に多く発生します。またエアロゾルは空気中を漂って3時間くらい生存します。普通のマスクを着用していた場合、飛沫(ウイルス本体+水蒸気)は通りませんが、飛沫核(ウイルス本体)やエアロゾルはマスクをすり抜けてしまうためエアロゾル感染を防ぐためには、3密空間を避ける、換気をすること(1時間に10分)がとても大切になります。

接触感染を知る
手に咳を吹きかけると、ウイルスがたくさん手についてしまいます。その手で何かを触ることで物にウイルスが付着します。その手で頬を触ったり、何かを食べたりすることで、他の人も感染してしまう。これが感染経路の不明な理由となってしまいます。

ウイルスの滞在時間
厚紙 ステンレス
スチール
プラスチック
24時間 48時間 72時間 4時間

咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・顔周りに手を持って行かないなど、触れる物すべてにウイルスが付着していると思って対応することが、感染しない、させないためにも必要です。
※ウイルスはアルコール消毒、石鹸、洗剤、熱(70度以上で一定時間)に弱いとされています。

今後感染者が増え続けると医療崩壊を招くことになります。医療需要が激増すると、医療供給が追いつかなくなるため、普段なら助けることができた命も、助けることができなくなります。こうならないためにも今は1人1人が感染しない、感染させないという気持ちで行動する必要があるのです。
新型コロナウイルスについて

 
電話再診始めました!
(2020/05/01)
コロナウイルス感染拡大防止のため、電話再診を行います。
医師が可能と判断した場合、電話再診にて処方せんの発行をさせていただきます。
ただし、症状によっては経過観察のみとさせていただく場合もございます。

処方せんの受け取りは、保険証・医療証をご持参のうえ、診察時間内にクリニックまでお越しください。
ご希望の方は、診察時間内にお電話にてご相談ください。

   
新型コロナウイルスへの対応について
(2020/03/05)
現在、当院及び市内の医療機関では新型コロナウイルスの検査はできません。
診断・診療も行うことはできません。
現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査・診療は、指定された医療機関でしか行っておりません。
【感染が疑われる場合は】
帰国者・接触者相談センター(0569-21-3342)にお問い合わせください。
必要に応じて、帰国者・接触者外来への受診を調整していただけます。
受診を勧められた医療機関を受診し、複数の医療機関を受診することは控えてください。

 
花粉症について
(2020 春版)
・スギ花粉は例年2月頃より飛び始め、今年はピークが早く3月上旬から中旬に、ヒノキ花粉は4月上旬から中旬となる予想です。
・スギ花粉症などは、果実や野菜を食べると口の中がかゆくなったり、重いアレルギー症状がおこることもあります(花粉関連食物アレルギー症候群)
・当院は小児科・アレルギー科として、花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などをひとつのアレルギーの病気と考え、総合的な診療を心がけています。
・それによりお薬がかぶらないように、また他のアレルギーの病気を見逃さないよう努力しております。
・ぜんそくなどのお子さまは花粉症になりやすいですが、治療中のお薬でくしゃみなどがかくれ、気づかれないことがあります。
鼻水や血液の検査で原因含めしっかり診断します。
・その他体質改善が期待できるアレルゲン免疫療法も行っております。

 
いつでもガチャが回せるようになりました!
いつでもガチャが回せるようになりました!

 
メンテナンスの時代です!
(2019/03/29)
台湾から持ち込まれ、沖縄を経由した麻しん(はしか)が流行しています。
流行によって慌てて抗体検査をしたり、ワクチンを接種する人も増えました。
それにより、検査に必要なキットやワクチンが不足しつつあり、不安に思う方も多いのではないでしょうか?

海外へ仕事に行く人や旅行する人も多い中で、今後流行するのは麻しん(はしか)だけではありません。
だからこそ今、体のメンテナンスをしておきましょう。

子供の頃にワクチンを接種していたとしても、抗体のつき方には個人差があります。決められた回数を接種していても、しっかり抗体がついていないこともあるのです。
また、子供の頃に発症してできた抗体も、低下してくることがあります。
いろんな感染症が流行した時に安心できるよう、今から抗体検査を行い、免疫がついていないものは予防接種を受けておくことをおすすめします。

抗体の確認は血液検査で調べることができ、約一週間で結果がわかります。
 採血中に、まれに気分が悪くなられる方もいらっしゃいます。
 不安な方は、スタッフにお声がけ下さい。

 また抗体の検査は自費となっております。詳しくはスタッフまでご相談ください。

 
① 麻しん ② 風しん ③ おたふく
④ 水ぼうそう ⑤ B型肝炎 ⑥ 百日咳
⑦ ポリオ  
まずは①~④までの抗体を調べるのがおすすめです。

抗体が足りず、ワクチンを接種した場合、以下のような副反応が出る場合があります。
 ・接種したところが赤くなる
 どのワクチンでもよく起こります。特に治療の必要はありませんが、まれに
 肘を越えて腫れが広がることがありますので、その際は医師にご相談下さい。
 ・熱が出る
 生ワクチンはウイルスや細菌をしっかり弱めて使用するため、軽くワクチンの病気の症状が出ることもあります。
代表的な例として、麻しん(はしか)のワクチン接種後に熱が出る場合が、約20%あります。
症状は強くなく、38度前後の発熱がありますが、熱は一日で下がることが多いです。38度以上の高熱が3日ほど続く場合は病院を受診して下さい。
抗体が足りずワクチンを接種した場合、約6週間後に抗体がついたか、もう一度検査を受けて確認しましょう。

感染症抗体検査セット料金
 
○4種類セット (麻しん、風しん、おたふく、水ぼうそう) 6,200円
○5種類セット (麻しん、風しん、おたふく、水ぼうそう、予防接種後のB型肝炎) 7,200円
※通常ですと、4種類 約7,000円前後、5種類 約8,000円前後が必要となります。
(血液検査で調べることができ、約1週間で結果が分かります。)

 
一部の成人男性の方は、4月より風しん抗体検査
及び予防接種が無料で受けられます!

(2019/03/25)
対象者
1962(昭和37)年4月2日~
1979(昭和54)年4月1日生まれの男性

※抗体検査にはお住まいの市町村より発行されるクーポン券が必要です。

まだおすみでない方はお早めにおすませ下さい。

 
漢方薬の長所、処方に関して
(2019/01/16)
当法人では漢方薬の処方を行っております。一般的なかぜ薬(せき・はな水止めなど)には高い効果がないこと、一部の薬で脳への影響が心配されていることなどは、医療界ではよく知られています。漢方薬は飲みにくいですが、自然素材から作られているため体への負担が少ないです。また全員にではありませんが、お子さまによっては一般的なかぜ薬よりも高い効果が期待できます。味がきらいなお子さまもみえるため、当法人では医師が内服を強要することは絶対にありません。選択肢のひとつとして提案させて頂いております。大切なお子さまが1日も早く元気になるように、治療のひとつとしてお考え頂けましたら幸いです。