NEWS

キッズランドクリニック

 

お休み、その他診療の変更について

半田市の健診業務、学会などにより、下記のとおり診療を変更させていただきます。
ごめいわくをおかけしますが、ご理解いただけますようなにとぞよろしくお願いもうし上げます。


1.お休み
現在、お休みのお知らせはございません。

 

医師募集

施設長、非常勤)

医師募集要項はこちら



 

看護師募集

看護師募集要項はこちら



 

感染情報

2018年6月号

1.水痘すいとう(=みずぼうそう)
非常にうつりやすい病気です(空気感染)。かかったことがないと、家族内でうつる確率は90%以上といわれています。ぶつぶつが出る1~2日前から、ぶつぶつ全部がかさぶたになるまでうつります。幼児から小学校低学年くらいに多く、潜伏期間は約2週間赤い点やそれがもり上がったもの、水ぶくれ、かさぶたなどが同時にみられます。約1週間で全部がかさぶたになり、そうなるまでは登園できません。まれですが劇症型溶連菌感染症など、重い病気がおこることもあります。ぶつぶつが出てから早め(できれば2日以内)にお薬を飲めば、症状が軽くなります。また基本的に自費になりますが、発病したお子さまと遊んだ場合、3日以内なら予防接種をうてば、あるいは7日目からお薬を飲めば、発病をふせいだり軽くすむことがあります。

 

2.麻疹ましん(はしか)
引き続き愛知県でも発生しております。かぜなどと違い、空気感染するため非常にうつりやすく注意が必要です。9~11日の潜伏期間のあと高熱、せき、鼻水、結膜炎などがみられ、3日ほどでコプリックといわれる小さなつぶつぶが、口の中にできます。4日ほどで顔、首に赤い発疹が出て、体や手足に広がっていきます。合併症として中耳炎、肺炎脳炎をおこすこともあります。重い合併症がなければなおりますが、まれに劇症麻疹といって呼吸困難などの重い症状をおこすこともあります。とくに麻疹にきく薬はありませんので水分摂取、安静、抗生剤などが治療となります。症状が出たら受診前にお電話などでご連絡下さい。予防接種をされていないお子さまは、早めの接種をお願いいたします。

 

その他診療情報

母の日イベントを行いました!
(2018/06/01)
5月12日(土)、13日(日)に毎日頑張っているお母さま方に、ささやかながら母の日のプレゼントをお渡ししました!お母さんの笑顔でお子さんもしあわせになります!これからもたくさんの笑顔をお子さんに見せてあげてくださいね!
母の日イベントを行いました!

 
四種混合ワクチンの5回目、
二種混合(DT)の代わりに三種混合ワクチンを打ちましょう!

(2018/05/17)
四種混合ワクチン(DPT-IPV)…ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種類を予防
三種混合ワクチン(DPT)…ジフテリア、百日せき、破傷風の3種類を予防
二種混合ワクチン(DT)…ジフテリア、破傷風の2種類を予防

ジフテリア 日本ではまれですが、高熱、のどの痛み、犬吠(けんばい)様のせき、嘔吐などで偽膜(ぎまく)と呼ばれる膜ができて窒息死することがあります。
百日せき 普通のかぜのような症状で始まり、続いてせきがひどくなる。顔を真っ赤にして持続的にせき込み、せきの後に急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は出ません。乳幼児はせきで呼吸ができず、くちびるが青くなったり、けいれんが起きることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こすことがあります。乳児では命を落とすことがあります。
破傷風 破傷風菌は、土の中に潜んでいて、傷口からヒトへ感染します。体の中で増えると、菌の出す毒素のために口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもあります。日本各地の土の中に菌はいるので、感染する機会は常にあります。
ポリオ 別名、急性灰白髄炎と呼ばれ、ウイルスが血液を介して脳や脊髄(せきずい)へ感染し、マヒを起こすことがあります。

 現在、日本では四種混合ワクチンの接種を、生後3ヶ月から18ヵ月までの間に計4回行っており、11才以上~13才未満の間に二種混合ワクチン(DT)の接種を行っています。(定期接種)
 しかし、最近は小学校入学後や、大人の百日せき患者さんが増えており、また、世界の先進国ではポリオワクチンの5回目の接種が基準となっているため、ワクチンの接種者の抗体低下による感染が心配な場合、四種混合ワクチンの5回目、二種混合(DT)ワクチンの代わりに三種混合(DPT)ワクチンの接種が推奨されています。

おすすめの接種スケジュール
おすすめの接種スケジュール
 
ご不明な点がございましたらご気軽にご相談ください

 
医療法人KLCでは液体窒素ちっそ療法(スプレー方式)を行っています!
(2018/05/14)
 
医療法人KLCでは液体窒素(ちっそ)療法(スプレー方式)を行っています!
 
☆液体窒素療法(スプレー方式)とは☆
主にイボに使用し、液体窒素をスプレーで圧力をかけて噴霧ふんむするため、強力かつピンポイントで治療ができ、綿棒法に比べ痛みが少ないと
言われています。
 
ご興味のある方はスタッフまで
お気軽にお声をおかけください☆

 
名古屋小児がん基金チャリティーマラソン大会にスタッフが参加しました!
(2018/04/11)
ファミリーランドクリニック南大高のスタッフが、庄内緑地公園で行われました、
名古屋小児がん基金を応援するチャリティーマラソンに参加しました。
タスキを繋ぐリレーマラソンで、チームワークの大切さをあらためて実感しました。
この気持ちをクリニックでの診療に活かしていきたいと思いました!!
2月25日 名古屋小児がん基金チャリティーマラソン大会にスタッフが参加しました!

 
代診終了について
(2018/03/29)
これまで、第1・3・5月曜日を非常勤医師による診察とさせていただいておりましたが、
4月より、すべての診察を院長が担当致します。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 
花粉症について
(2018/01/17)
当院は小児科・アレルギー科として、花粉症がぜんそくやアトピー性皮膚炎などアレルギーの病気のひとつであることを考え、総合的に診療するよう心がけています
・それにより保護者の方のお手間がへるよう、お薬がかぶったり、他のアレルギーの病気を見のがすことのないよう努力しております
ぜんそくやアトピー性皮膚炎のお子さまは花粉症になりやすいですが、治療中のお薬でくしゃみなどがかくれ、花粉症と気づかれないことがあります
・当院は鼻水を検査ししっかり診断、また血液検査により原因もお調べします
・今春のこの地方のスギヒノキ花粉飛散量は、昨年より非常に多く早めの対策がすすめられます
・ハンノキ花粉症などは、果実や野菜を食べると口の中がかゆくなったり、重いアレルギー症状がおこることもあります(花粉関連食物アレルギー症候群)

お早めの診断・治療が大切です。お気軽にスタッフ、医師にご相談下さい。

 
受付時間終了後の予約された方の受診について
(2017/12/21)
これまで、予約され診察の順番が来ていない方に限り、受付時間終了後も受付ておりましたが、今後は受付時間内にご来院いただきますよう、お願いもうし上げます。午前は12時まで、午後は18時30分までです。

誠に申しわけございませんが、ご理解のほどなにとぞよろしくお願いもうし上げます。

 
おたふくかぜ、B型肝炎の予防接種をしましょう!
(2017/12/20)
おたふくかぜは耳の下(耳下腺じかせん)がはれることはよく知られていますが、合併症がっぺいしょう(一緒に起こる病気)が非常に多く、脳をつつむ膜に炎症をおこす髄膜炎ずいまくえん膵臓すいぞうに炎症を起こす膵炎すいえんなおりにくい難聴なんちょう心臓の筋肉に炎症をおこす心筋炎などがあります。
またB型肝炎ウイルスは血液だけでなく、汗やよだれで子ども同士でもうつることがあり、肝硬変かんこうへんや肝細胞がんになることもあります。
おたふくは全対象者(1歳以上)が、B型肝炎は1歳以上は自費接種となりますが、極力接種するようにしましょう。

おたふくの予防接種:2回接種
1回 5,200円

B型肝炎の予防接種:3回接種
10歳未満 1回 5,200円
10歳以上 1回 5,700円

 
インフルエンザと診断されたお子さまへ
(2017/12/20)
タミフルなどのお薬との関係は不明ですが、急に走り出す、部屋から飛び出そうとするなどの異常行動が引き続き問題となっており、治療を始めてから2日間はひとりにさせないことなどをお願いしております。今シーズン厚生労働省より、新たな注意内容が伝えられました。下にお示ししますので、インフルエンザと診断されたお子さまは、ご注意いただきますようお願いもうし上げます。

(1)高層階にお住いの場合、例えば
玄関と全ての窓のかぎをかける(内かぎ、補助錠含)
ベランダに面していない部屋で休ませる
窓にこうしのある部屋があればその部屋で休ませる

(2)一戸建ての場合はできるかぎり1階で休ませる

 
医療法人KLCの利点について
(2017/08/25)
当法人は平成29年5月に名古屋市に内科小児科各専門医を常勤とする「ファミリーランドクリニック南大高」を開業し、毎月二施設合同の法人会議を行っております。これにより、以下の利点を提供できると考えております。

・医療やスタッフ育成、接遇がひとりよがりになることや、モチベーションの低下を防ぎ、医師全員がバランス良く最新の知識を共有、互いを高め合い充実した医療を行う

・本院キッズランドクリニックは「日曜外来」「食育教室」、南大高は「禁煙外来」「成人健診」「食物アレルギー負荷試験」「スプレー式液体窒素(痛みが少ない)による水イボ等の除去」「すり傷等への湿潤療法」「救命処置講義と資格取得」を行っており、法人内での正確な情報共有による紹介が可能

これら利点を増やすため、今後も当法人はクリニックをいろいろな科で開設しネットワーク化をめざし、「最高の町医者医療」の提供に全力を注いでまいります!
 
医療法人KLC理事長 キッズランドクリニック院長
新美 直希