NEWS

キッズランドクリニック

 

お休み、その他診療の変更について

半田市の健診業務、学会などにより、下記のとおり診療を変更させていただきます。
ごめいわくをおかけしますが、ご理解いただけますようなにとぞよろしくお願いもうし上げます。


1.田嶋先生の代診日(第1・3・5月曜日)
7月3日、31日

 

医師募集

施設長、非常勤、キッズランドクリニック非常勤)

こちらからご覧になれます



 

看護師募集

こちらからご覧になれます



 

感染情報

2017年6月号

1.咽頭結膜熱(プール熱)
アデノウイルスによる感染症で、これから流行ることが予想されます。幼児から小学生くらいに多く、せきや手で触れるなどしてのどから、また時にプールで目からうつることもあります。うつると5~7日で発病し、症状はお熱、のどの炎症、結膜炎による充血などです。心臓や肺、免疫に持病のある場合呼吸障害や細菌の感染により重症化することがあります。特別な治療はなく、水分補給や安静で様子を見ます。医師の判断にもよりますが、園や学校にはお熱などの主な症状がなくなった後、2日たてば出席できます。日頃から手洗いやうがいをしっかり行い、予防に努めましょう。

 

2.感染性胃腸炎
いわゆる胃腸かぜで、引き続き流行しています。細菌ではなくエンテロウイルスなどが原因で口から感染し症状ははく・げり・お熱・腹痛などです。ふつう血便はみられず、1週間程度で軽快します。なるべく水分をとらせ乳児では母乳は続け、授乳を短時間にし回数を増やします。何回もはいたりげりをする場合は脱水に注意が必要です(ご家庭での対応を書いた説明文をお渡ししております)。げりが続くと乳糖の消化不良が起こりやすいので、その場合は牛乳や乳製品はさけて下さい。場合によっては粉ミルクを乳糖除去ミルク(ノンラクトなど)にかえることも必要です。人参スープはげりをおさえる効果があります(簡単なレシピをお渡ししております)。便がよくなりしだい、ふだんの食事にもどして結構です。予防として手洗い、調理器具の十分な洗浄を行うようにしましょう。

 

その他診療情報

おたふくかぜワクチンの供給停止について
(2017/06/08)
前回、供給が不安定であることをお伝えしましたが、本日供給停止の連絡を受けましたので、
予約を一時中止させていただきます。

すでに予約済みの患者さまへの接種は、予定通り行わせていただきます。

供給再開の連絡がございましたら、ホームページや院内掲示等にてお知らせ致します。

大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 
KLC親子食育教室開催
(2017/06/01)
☆離乳食についてのお話し
離乳食の大切さ・離乳食のすすめ方など
☆赤ちゃんに気をつけたい食材
☆お母さんたちとの座談会

 
日時  平成29年6月22日(木)13:30~
場所  キッズランドクリニック 待ち合い室
講師  キッズ食育プロフェッサーインストラクター 打田 由理
完全予約制  申し込みは受付まで!

 
ファミリーランドクリニック南大高が開院しました!
(2017/05/26)
医療法人KLCが本院キッズランドクリニックに続き、本年5月26日に名古屋市緑区の南大高(イオン大高店北西400m)に、呼吸器内科専門医の加藤研かとうけん先生、小児科専門医の蟹江健介かにえけんすけ先生を迎え、「ファミリーランドクリニック南大高」を開院させて頂きました。
“赤ちゃんからご老年まで”しっかり診療させて頂くとともに、今後当法人の理念である医療の質や安全性を向上し、かつ患者さまが親しみやすくかかりやすい、クリニックのネットワークを創造していきます。これからも「最高の町医者医療を提供する医療法人KLC」をよろしくお願いいたします!
ファミリーランドクリニック南大高が開院しました!
医療法人KLC 理事長
キッズランドクリニック 院長 新美直希

 
母の日イベントを開催しました!
(2017/05/18)
5月13日(土)、14日(日)に母の日のイベントとして毎日頑張っているお母さま方にささやかながらプレゼントをお渡ししました!お母さんの笑顔はお子さんをHappyにします!これからも笑顔で頑張っていきましょう!
母の日イベントを開催しました!
写真撮影にご参加頂いたみなさま
ご協力ありがとうございました!

 
日本脳炎ワクチンの入荷について
(2017/05/12)
日本脳炎ワクチンの入荷に支障が出てまいりました。そのため、現在予約は受付ておりますが、
かなりの日程延期をお願いする可能性がございます。

大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願い致します。

日本脳炎は蚊に刺されることで感染しますので、長袖・長ズボンを着るなど日頃からの対策を
お願いします。

 

 
外来終了時間が戻りました!
(2017/04/20)
昨年11月より安全な診療の確保等のため午後の外来終了時間を18時に短縮させて頂いておりましたが、支障がなくなったため4月21日より、元々の終了時間である18時30分に再度変更させて頂きます。
なお、予約受付は通常通りの18時までです。

約半年の間、ご迷惑をおかけしてしまい大変申しわけございませんでした。


今後ともなにとぞよろしくお願いします。

 
花粉症について
(2017/01/18)
当院は小児科・アレルギー科として、花粉症がぜんそくやアトピー性皮膚炎などアレルギーの病気のひとつであることを考え、総合的に診療するよう心がけています。
・それにより保護者の方のお手間がへるよう、お薬がかぶったり、他のアレルギーの病気を見のがす
ことのないよう
努力しております
ぜんそくやアトピー性皮膚炎のお子さまは花粉症になりやすいですが、治療中のお薬でくしゃみな
どがかくれ、花粉症と気づかれないことがあります
・当院は鼻水を検査ししっかり診断、また血液検査により原因もお調べします
・今春のこの地方のスギヒノキ花粉飛散量は、昨年よりやや多く早めの対策がすすめられます
・ハンノキ花粉症などは、果実や野菜を食べると口の中がかゆくなったり、重いアレルギー症状がお
こることもあります(花粉関連食物アレルギー症候群)


お早めの診断・治療が大切です。お気軽にスタッフ、医師にご相談下さい。

 
スギ花粉症の方へ アレルゲン免疫療法って知ってますか?
(2016/11/2)
スギ(アレルゲン)の入ったお薬を飲み、スギに対するアレルギー体質を少しずつ改善する治療です。これまでのお薬でアレルギーをおさえる治療よりもよく効き、治療後何年も効果が持続します。他のアレルギーやぜんそくを予防したりスギアレルギーが元からなおる可能性もあります。来春のスギ花粉飛散量が、昨年よりやや多いと言われています。治療をご希望の方はスタッフまでお知らせください。

・対象はスギ花粉症と診断された、12歳以上の患者様です
・花粉症でもスギが原因でない方、重症の気管支喘息の方は治療を受けることができません
スギ花粉が飛んでいない時期に開始します
・0.2~1mlを1日1回舌下にたらし2分後飲みこみます
・初回の内服は当院で行い、30分状態を観察します
・治療は3~5年間スギ花粉が飛んでない時期も続けます
・口内炎やまれにショックなどが起こる可能性があります
すべての患者様に効果が期待できるわけではありません
・当院では現在、スギ以外のアレルゲン免疫療法は行っておりません

 
予防接種、乳幼児健診のご予約のお願い!
(2016/7/1)
当院では月・水・金曜の午後2:30~3:30と通常の診療時間内に、予約制にて予防接種、乳幼児健診を承っておりますが、ワクチンの在庫や待ち時間より、ご予約いただかないとご希望に添えない場合があります。前日までにお電話か受付窓口にてご予約いただきますようお願い致します。

また、ワクチンの種類によっては、ご予約があってからの発注となりますので、ご希望の接種日の2週間前にご予約されることをおすすめします。

 
 
終了間際の受診について
(2015/12/7)
受付終了間際は、大変混雑する事が有ります。
診療後の公務等により、満足に対応できないこともありますので、ご予約を取っていただき、早めの受診をおすすめいたします。