キッズランドクリニックの診療内容|半田市の小児科・アレルギー科

診療内容 MEDICAL

小児科

お子さまの症状でお困りの場合は
ご相談ください

お子さまの症状として、発熱・おねしょ・肌荒れなどの分かりやすい症状もあれば、夜泣き・授乳・言葉の発達など「こんなことで受診してもいいのかな」と判断に迷われるような症状もあると思います。
お子さまは自分の意志で症状を伝えることができませんので、保護者の方がしっかりと様子を観察して、不安なことや気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

TROUBLE 相談の多い内容

  • お熱
  • せき、鼻水、鼻づまり
  • 湿疹
  • げり
  • おうと
  • おねしょと夜尿症
  • 熱中症
  • 熱性けいれん

各症状の一般的対処法

様子が変だと感じたら
慌てずに適切な対処をしましょう

下記の内容をご参考にしてください。
(※ただし実際に診察を行ったわけではございませんので、あくまで参考としてください。また作成時点での医療情報を元にしており、常に最新の対処法を提供するものではございません。なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。)

お熱について

下記の内容に当てはまらなければひとまず安心です!おうとやげりがなければ好きな飲み物で結構ですので、水分を取らせおとなしくさせて、お熱が上がりきり汗が出たらすずしくしてあげましょう。おふろはひかえ体をふくか、せいぜいぬるめで短めの入浴にし、翌日早めにかかりつけ医を受診しましょう!

Q

何度くらいですか?ぐったりしてますか?

A

40度以上、またはかなりしんどそうであれば、重い病気のこともありますので救急外来を受診した方がよいでしょう。

Q

お子さまは生後3,4ヵ月以下ですか?

A

その場合は、細菌性の髄膜炎(ずいまくえん)などかもしれません。ミルクの飲みが悪い時などは受診した方がよいでしょう。

おうとについて

下記の内容に当てはまらなければひとまず安心です!水分(できればOS-1など塩分の入ったもの)を、スプーンでゆっくり、こまめに飲ませてなるべくおしっこが減らないようにし、翌日早めにかかりつけ医を受診しましょう!

Q

おなかを痛がってますか?赤ちゃんならひどく泣いてますか?

A

非常に重要なポイントです。痛みがひどければ急性虫垂炎(きゅせいちゅうすいえん:いわゆる盲腸)、赤ちゃんなら腸重積(ちょうじゅうせき)かもしれません。救急外来を受診されることをおすすめします。

Q

お熱はありますか?

A

お熱があってさらに頭痛もあると、髄膜炎(ずいまくえん)かもしれません。しんどそうなら受診した方がよいでしょう。

Q

何回はきましたか?

A

多いと脱水に注意が必要です。おしっこが出なくなり、ぐったりしているようなら受診してください。

げりについて

下記の内容に当てはまらなければひとまず安心です!水分(できればOS-1など塩分の入ったもの)を小まめに与え、おしりを洗い流し清潔にして翌日かかりつけ医を受診しましょう。

Q

どんなうんちですか?

A

赤ちゃんが赤くねばっこいうんちをして、おなかが痛そうにひどく泣いたりはいたりしたら、腸重積(ちょうじゅうせき)かもしれません。その場合は救急外来を受診してください。

Q

何回げりしましたか?

A

多いと脱水に注意が必要です。おしっこが出なくなり、ぐったりしているようなら受診してください。

ぜんそく発作について

下記の内容に当てはまらなければひとまず安心です!横になってすやすや寝ているようなら、翌日早めにかかりつけ医を受診しましょう。

Q

発作の程度はどうですか?

A

せきやゼーゼーがひどく、ろっ骨のあたりがペコペコへこんだり、ひどくしんどそう、上半身を起こさないとしんどい、顔色が悪い時などは救急外来を受診してください。

けいれんについて

まずおちついて!一番びっくりする症状ですが、お熱の出はじめの場合、すぐおさまる熱性けいれんのことが多いです。なんとか落ち着いてください!

Q

どんなけいれんですか?

A

止まったなら何分続きましたか?意識は?お熱はありますか?目はどちらを向いていましたか?手足の動きは左右対称でしたか?

Q

その後の対応について

A

10分以上止まらなかったり、何度もくり返すなら救急車を呼んだ方がよいでしょう。止まっても意識がはっきりしない時などは、救急外来を受診してください。

アレルギー疾患

アレルギー症状への適切な対応で
ご家族のみなさまが安心できるように

アレルギー疾患と一言にいっても、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、気管支喘息など様々な種類があります。
当院では、お子さまのアレルギー症状について詳しくカウンセリングさせていただき、適切な検査の実施のもと症状に合わせた治療を行っていきます。鼻水やくしゃみ、かゆみなど気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

TROUBLE 相談の多い内容

  • 食物アレルギー
  • 喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)

スギ花粉症、ダニによる
アレルギー性鼻炎に対する
アレルゲン免疫療法が、5歳からできます!

アレルゲン(スギかダニ)のエキスの入った錠剤を飲み体質を少しずつ改善します。これまでのアレルギーをおさえる治療よりもよく効き、効果が何年も持続する可能性があります。
他のアレルギーやぜんそくを予防したり、アレルギーが元からなおる可能性もあります。治療をご希望の方はスタッフまでお知らせください。

アレルゲン免疫療法を受ける前に
ご確認ください

  • 検査でスギ花粉症かダニによるアレルギー性鼻炎と診断された、5歳(液剤は12歳)以上の方が対象です
  • スギやダニが原因でない方、重症の気管支喘息の方は治療を受けることができません
  • スギ花粉症の治療はスギ花粉が飛ばない時期に始めます
  • 舌下に錠剤を1分(液剤2分)保持した後飲み込みます
  • 初回の内服は当院で行い、30分状態を観察します
  • 治療は毎日行い、3~5年にわたるとされています
  • 口の中のはれやまれにショックが起こることがあります

※現在出荷制限が行われており新しく治療を開始することができません。
 制限が解除され次第お知らせいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

夜尿症について

夜尿症の原因は様々なため
悩まずにお気軽にご相談ください

5~6才をすぎても夜間睡眠中に尿をもらしてしまうことを夜尿症(やにょうしょう)といいます。夜中に起こしてトイレに行かせるようにしたらおねしょがなくなった、という場合もけっしてなおったわけではありません。かえって悪化します。夜尿症はホルモンやぼうこうの大きさの不足、その他さまざまな原因によっておこります。
生活の改善やお薬で治療できる病気です。おひとりで悩まずに、ぜひご相談ください!

問診表をご利用ください

パソコンとプリンターをお持ちの方は、夜尿症の程度や元となる病気がかくれていないかなどを知るために、下の「問診表はこちら」ボタンをクリックしていただき、マウスを用紙画面上で右クリックするなどして用紙を印刷、ご記入の上受診してください。

乳幼児健診・予防接種

乳幼児健診・予防接種の
ご予約のお願い

当院では月・水・金曜の午後2:30~3:30と通常の診療時間内に、予約制にて予防接種、乳幼児健診を承っておりますが、ワクチンの在庫や待ち時間により、ご予約いただかないとご希望に添えない場合があります。前日までにwebにてご予約いただきますようお願いいたします。
また、ワクチンの種類によっては、ご予約があってからの発注となりますので、ご希望の接種日の2週間前にご予約されることをおすすめします。

詳細

アレルギー、おかぜなどで予定通りに進んでいないお子さまは、ぜひご相談ください。
※予防接種、乳幼児健診・育児相談の時間枠(PM2:30~3:30)は、ご予約をお願いしております。

市外の方でも
当院で定期予防接種ができます

住民登録していない市町村でも接種できます。
※接種希望者が住民登録している市町村の契約内容で実施いたします。
※予診表、接種券等必要な書類は、各市町村窓口にて発行されます。
※その他の規定に関しましては各市町村へお問い合わせ、ご相談いただきますよう何とぞよろしくお願いいたします。接種をご希望の方は、お気軽に受付にお申し出ください。

患者さまご負担の場合の
予防接種料金表(1回分)

種類 自費になる年齢 金額
BCG 1歳以上 10,500円
4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)
<DPT-IPV>
7歳6ヵ月以上 10,200円
5種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ・ヒブ)
<DPT-IPV>
7歳6ヵ月以上 19,700円
DT2種混合(ジフテリア・破傷風) 13歳以上 4,200円
ヒブ 5歳以上 8,000円
小児肺炎球菌 6歳以上 12,700円
不活化ポリオ 7歳6ヵ月以上 8,800円
MR2種混合(麻しん・風しん) 1回目:2歳以上
2回目:小学校1年生以上
8,500円
水痘(みずぼうそう) 3歳以上 8,300円
日本脳炎 1期初回~1期追加:7歳6ヵ月以上
2期:13歳以上
6,500円
B型肝炎 1歳以上10歳未満(1回0.25㎖) 6,000円
10歳以上(1回0.5㎖) 6,500円
子宮けいがん 電話にてお問い合わせください

※2024年1月1日から料金を変更させていただいております。
※費用は全て税込みとなります 。


ガチャを回せます!!

3歳以上の予防接種・採血などの処置を受けたお子さまはガチャを回せます!
(3歳未満の場合、付き添いの3歳以上の
ご兄弟に回してもらいます)

さあ!
予防接種がんばってコインをゲットしよう!

電話によるご相談

小児救急電話相談

毎日午後7時から翌朝8時まで、看護師(むずかしい事例は小児科医)が対応

救急医療情報センター

24時間365日体制で、医療機関を案内

(財)日本中毒情報センター

中毒110番・電話サービス

化学物質(たばこ、家庭用品など)、医薬品、動植物などによる急性の中毒について、
実際に事故が発生している場合にのみ情報を提供